脳梗塞のリハビリについて【リハビリ次第で回復具合は変化する】

がんの代替療法

点滴

治療への理解

現在、日本人で癌になる確率は2人に1人と言われています。早期発見で根治も期待できる癌ですが、問題は健診率です。癌は初期でほとんど症状が出ないと言われており、症状が出るころには進行している可能性が高く、進行度が進むによって治療が困難となります。ステージ2までの病期であれば治療効果が高くても、ステージ3で5年生存率は45%、ステージ4では僅か12%程度まで5年生存率が落ちます。癌の末期患者は死への恐怖と生きることへの絶望感も持ちます。癌治療が先進的になった現在でも治療に限界があるのも確かで、標準治療で治療不能と考えられる状況では、残りの時間を楽に過ごすという緩和ケアに切り替えるほかありません。癌の代替療法に免疫療法というものがあります。近年、クローズアップされている治療に高濃度ビタミンC点滴療法があります。高濃度ビタミンC点滴とは、その名の通り高濃度のビタミンCを点滴で血管に注入し、癌を攻撃する治療法で、抗がん剤のような副作用がなく、また、抗がん剤の副作用を軽減されると考えられています。高濃度ビタミンC点滴療法を行う医療機関は東京都に非常に多いです。なぜ東京に高濃度ビタミンC点滴療法を行う病院が多いのかと言えば、首都である東京は人や経済が集中し、医療の重要拠点でもあるからです。癌治療の進捗の裏で、患者の死亡率も高まっています。地方で進まぬ代替療法のため、東京まで高濃度ビタミンC点滴療法を受けに訪れる患者も多いです。高濃度ビタミンC点滴療法は自由診療で標準治療ではないため、保険適用がされません。標準治療を中止したのちに、これを受けなければいけないのと費用の問題があります。末期癌で治療法がないと言われた患者に数パーセントでも治療効果が期待できるという上乗せの考え方を理解した上で家族と相談の上で取り組む治療です。